郷・山散策のページ

焼尾山&伊奈富神社 撮影:2008年4月15日
(やきおやま)&(いのうじんじゃ)

  

焼尾山922m
焼尾山(922m)は、三国岳への尾根の一部といった山です。鞍掛峠(791m)は昔から京都と伊勢を結ぶ峠として利用されてきました。スミレ、イワウチワ、石楠花が多く見られますが、今回は石楠花は未だ早く、片栗の花を目当てに出かけましたが、葉が一部見られただけで時期が早かったです。谷間には雪も少し残っており、2月の寒さが影響しているのかもしれません。私達は、鞍掛トンネル東口(三重県側)に駐車し鞍掛峠(791m)を目指して登っていきました。鶯が綺麗な声で歓迎してくれました。途中にはスミレがあちこちに咲いており、R306の車の音も次第に遠くなっていきました。やがて鞍掛峠に到着し、一息入れて最近出来た、鞍掛地蔵尊にお参りしました。これからの登りは急ですが、徐々に高度を上げ、中電の鉄塔まで一気に上っていきます。眼下には国道や、東は桑名方面の市街地、更に南には御池岳、藤原岳が望めます。三国岳方面の分岐を右に取り、途中にイワウチワが群生しており、カメラに収めてやがて焼尾山に到着です。今回はそのまま下山し往復1時間半の軽登山でした。

鞍掛トンネル東口に車を駐車して登山開始です。
峠の概要が記されています。
登山口標識
スミレが咲いています。
鞍掛峠に到着です。
登山道の標識です。
最近出来た、鞍掛地蔵尊にお参りして来ました。
イワウチワ(1)
イワウチハ(2)
イワウチハ(3)
御池岳・藤原岳方面は雪が残っていました。
東は桑名方面の市街地や、R306を眼下に望みます。

伊奈富神社三重県鈴鹿市 にLINK

いのうじんじゃの鳥居
境内のツツジ(1)
境内のツツジ(2)
境内のツツジ(3)
境内のツツジ(4)
紫ツツジの道(1)
紫ツツジの道(2)
紫ツツジ(1)
紫ツツジ(2)

戻る