郷・山散策のページ

尾張富士三山のページ
                                                             2006年11月21日 撮影

  戻る 本宮山

尾張富士  

尾張富士:275m、本宮山:293m、白山:237mの尾張三山は、古来三ツ山詣で、三ツ山参り、更に願を掛ける、三ツ山懸け、三山駈け等複数の意味を持つ信仰の山々で、毎年大晦日から元旦にかけて、無病息災、商売繁盛、家内安全、また戦時中は夫や息子の武運長久を祈願し、盛んに登山が行われていたと、伝えられております。
地元の古老はこれらを総称して、「三山をかける」と云います。
最近は登山道も整備され、女子供でも休息を含め、4時間足らずで三山が歩けるようになりました。特に白山の南側(野口地区)は、温水プールや老人ホーム、また触れ合い広場などが開発されており賑わしくなりました。(I氏談)

今回bsnetのパソコン仲間の方と、尾張三山に登る計画をお聞きし、参加させて頂きました。
総勢13名の皆さんと楽しく、一日ゆっくりと歩いて来ました。
皆さんとは、初めて登るメンバーさんでした。正直年齢から判断し、心配でしたが案内役の
I氏は72歳の高齢(失礼!)ですし、私より10歳も先輩ですし、他の方達も先輩者ばかりで、
有ったと思います。
しかし日頃鍛えて見えると見え、流石に健脚ぞろいでした

今回、時間の関係で、本宮山は登れず、次回という事に成りました。

(白山上り口)

写真はサムネイル画像です。


大宮浅間神社奥宮


尾張富士山頂より
入鹿池方面

ご一行

山頂神社にて

下山した所

明冶村前

本宮山を望む
(手前の建物・
入鹿用水本部)

ナンジャモンジャの苗木(ヒトツバダゴ)

リーダーのIさん

白山山頂より
小牧山方面

下山途中の紅葉

入鹿池での昼食

  戻る