本宮温泉郷・「川湯温泉」と熊野の旅路

本宮温泉郷   【湯の峰温泉】日本最古、開湯1800年。熊野詣の湯垢離場として栄えた。
                    
                    【川湯温泉】湯けむりの中は、老若男女が入り交じる、まさに天然のジャグジーだった。

                    【渡瀬温泉】露天風呂は西日本で最大級。現代的なクワハウスもある。

和歌山県本宮町
今回は「川湯温泉宿」でお世話に成り、民宿「かじか荘」に宿泊して、食事・温泉と楽しい一夜を満喫する事が出来ました。宿の前には熊野川の支流大塔川。川を掘れば湯温70度を越える温泉が湧き出るところです。宿の前の吊橋を渡り、作ってある川の中の露天風呂に、入ってきました。先客が入っており、東京より来られていた二人連れでした。宿の料理も部屋に運んで戴き、品数・味も良かったです。
湯の峰温泉のつぼ湯を見学して来ました。

和歌山県新宮市
世界遺産・「熊野速玉神社」が有ります。「浮島の森」「新宮(丹鶴)城址」「叙福公園」を探索してきました。お昼は、地元の人の推奨店で頂きました。新宮城址は桜が見頃でした。仙台から来たと言うお年寄りにお会いしました。楽しい旅をされていました。帰りに熊野市の七里御浜を歩いて来ました。

    ビデオストーリー

写真はロールオーバーです

 

戻る