垂井曳山まつり

垂井町「垂井曳山まつり」の起源は古く、南北朝時代の文和二年(1253)と言われています。 現在東町の鳳凰山、西町の攀鱗閣、中町の紫雲閣の三輪の曳山が有ります。
子供達の真剣な歌舞伎の演技は感動します。



2014.5.3 撮影日


Home