手力雄神社火祭りのぺージ 撮影:2013年4月13日(土)力の火祭


手力の火祭り…
手力雄神社の例祭で毎年4月第2土曜日に行われています。
この祭りの起源は不明ですが300年以上の歴史を持ち、岐阜県重要無形民俗文化財に指定されています。
滝のように降り注ぐ火の粉の中、火薬を仕込んだ神輿を担ぐ上半身裸の男達。神輿の火薬に火がつくと神輿からも火の粉が吹き上がり迫力満点です。その間を鐘を鳴らしながら乱舞する男達、爆竹の轟音・・・まさに音と火の勇壮な祭りです。
また、毎年祭りにあわせて参道の鳥居にかけられる長さが約12.5m、最大直径3m、重さ約1トンという大しめ縄も見物です。(岐阜市漫遊より掲載)

TOP BACK  スライドショー手動  ストーリーショー自動  岐阜市漫遊

(1)
(2)
(3) (4) (5)
(6) (7) (8) (9)
(10)
(11) (12) (13) (14) (15)
(16) (17) (18) (19) (20)

(21)
(22)
(23)
(24) (25)
(26) (27) 戻る