国の重要無形民俗文化財     撮影:2013年7月27日

尾張津島天王祭のページ

日本三大川まつりのひとつに数えられる「尾張津島天王祭」。津島神社の祭礼として500年の伝統を誇り、全国の数ある夏まつりの中でも最も華麗なものと言われています。
 まつりはかつて、旧暦で行われていましたが、現在は7月の第4土曜日とその翌日に開催されています。
 天王川に浮かぶ津島五車のまきわら船の提灯に灯がともされると、宵祭の始まりです。まきわら船が、津島笛を奏でながらゆうゆうと天王川を漕ぎ渡ると、揺らめく提灯が川面に映り、まきわら船はその美しさをさらに際立たせ、灯と水のドラマは頂点に達します。
 朝祭は、市江車を先頭に6艘の車楽船が能の出し物をかたどった置物を飾り、楽を奏でながら漕ぎ進みます。先頭の市江車から10人の鉾持が布鉾を持って水中に飛び込み、川を泳ぎ、神社に向かって走るその姿は勇壮というほかありません。
 また、このまつりは、昭和55年に「尾張津島天王祭の車楽船行事」が国の重要無形民俗文化財に、昭和59年に「尾張津島天王祭の車楽」が県の有形民俗文化財にそれぞれ指定されています。
担当:産業振興課
 より記載

仲間達と歴史ある、尾張津島天王祭(宵祭り)を初めて見学してきました。鉄砲隊の号砲、打ち鳴らす太鼓など、更に花火の打上げ等が楽しめました。クライマックスの5艘のまきわら船が出るころは、見物客も最高潮に盛り上がり、まきわら船にしばし見とれていました。宵祭りの様子ご覧ください。

TOP BACK スライドショー自動 津島市HP

(1) (2) (3) (4) (5)
(6) (7)
(8)

(9)
(10)
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)

(16)
(17) (18) (19) (20)
(21) (22) (23) (24) 戻る