春を招く炎の祭典
「おみとまつり」 (開扉祭)撮影日:2013年3月12日


 毎年、津島神社では旧暦2月1日に執り行われ、古くは由貴供祭(ゆきのくさい)と称した。
 葭で作られた大松明の灯りの中、本殿内陣に特殊神鐉を備え、津島神社の重要な祭儀で奉幣の更新と奉幣行事、摂社への頒幣が行われます。
 松明の燃え残りは、田の虫除け・雷除け・歯痛除けに効き目があると、参拝者は争って持ち帰ります

TOP BACK スライドショー手動 ストーリー自動

(1) (2)
(3)
(4) (5)
(6)
(7)
(8) (9) (10)
(11) (12) (13) (14) (15)
(16) (17) (18) (19) (20)
(21) (22) (23) (24) (25)

戻る