金環日食 のページ 撮影:2012年5月21日

金環日食の解説より掲載   金環日食の解説hへLINK
2012年5月21日は、日本の太平洋側の広い地域で金環日食(または金環食という)が見られます。太陽が環になって見えるという、非常に珍しい、あの金環日食です。しかも今回は離島ではありません。東京や大阪、名古屋など、太平洋側を中心とした広いエリアの大都市で見ることができるのです。日本総人口の3分の2にあたる8300万人の生活圏で金環日食が見られるうえに、これほど広範囲で見られるのは西暦1080年以来932年ぶりの出来事といいますから、期待は高まる一方ですね。

当地では、これ程の宇宙観測が見られるのは、932年ぶり(この前は平安時代)とのこと、世紀の一瞬が見られると、仲間と撮影・観測に出かけました。予報では曇り空で太陽が見られるか微妙な状況でした。
朝早く起床し空を見ると、薄雲が有るものの、何とか見られそうとの期待を持って出かけました。午前6時頃には朝日が望め益々期待が膨らみました。早速カメラ、三脚を用意し撮影開始と成りました。

TOP BACK VIDEOにLINK


(太陽を拡大)

日食開始(1) 日食開始2(2) 日食開始3(3) 日食開始4
(4)
日食開始5(5)
日食開始6(6) 日食開始7(7) 日食開始8(8) 金環日食1
(9)
金環日食2(10)
日食9(11) 日食10(12) 日食11(13) 日食12
(14)
日食13(15)
日食14(16) 日食15(17) 日食16(18)
日食の時間経過(19)
戻る