第14回中馬のおひなさんのページ

撮影:2012年2月24日

TOP BACK

仲間達と豊田市足助町の中馬のおひなさんを見学に出かけました。
好天に恵まれ暖かい日差しの中、足助市内の散策をしながら、「中馬のおひなさん」を楽しみました。

中馬のいわれ
中馬と書いて『ちゅうま』と呼びます。
江戸時代に信州の馬稼ぎ人たちが作った同業者の組合の事で、「賃馬」、「中継馬」が語源と言われていますが、一般には、伊那街道(飯田街道)で物資の運搬に従事した全ての人々のことを指しています。この中馬と呼ばれる人たちが行き来したことから街道は別名『中馬街道』と呼ばれています。
この中馬のおかげで、街道の中継地点だった足助は、三河湾からの塩、信州からの米やたばこなどの山の産物が集まる交易の町として栄えました。(足助環境協会より抜粋)












足助町散策 中馬のおひなさん

↑LINKページへ写真をクリック下さい