秋を求めて・・・のページ   撮影:2009年9月13日〜15日

初秋の爽やかな時期に、友人達と一日目は甲州街道から入った「尾白川渓谷」を歩いてきました。甲州街道の田畑は黄金色に実った稲穂や、蕎麦の白い花が満開でした。二日目は南アルプスの「入笠山」に登り諏訪湖や、白樺湖が望めました。「入笠山湿原」も秋の花が見頃でした。三日目は「安曇野」方面を散策し、「国宝・松本城」を見学し、伊那地区の「赤蕎麦の里」を見学して来ました。今回の旅では食べ物は信州蕎麦に、伊那名物のソースカツ丼等を食べ少し体重が増えて?帰宅しました。宜しければ様子ご覧下さい。

  

名水の里を歩く「尾白川渓谷」スライドショー自動

甲斐駒ヶ岳に源を発し、花崗岩の川床を流れて磨かれた尾白川の水は、日本名水百選にも選ばれています。尾白川渓谷は駐車場(標高770m)に車を止め、木々に囲まれた砂利道を進み、キャンプ場を眺めて、間もなく竹宇駒ヶ岳神社に参拝し、境内奥の吊橋を渡って尾白川渓谷に入りました。起伏に富んだルートを歩き、千ヶ淵に出る。ここから先は、登山者のみと標識があり、険しい岩場の道を歩き、鎖などを頼って注意して進みます。旭滝は厳しい渓谷で水量も多く、ちょっと眺めるだけでした。最大の見所の神蛇滝展望台(標高970m)にて、昼食を取り道の駅で買った肉弁当にお湯を沸かし味噌汁を飲みながら滝を眺めてのひと時でした。帰りは周遊路の尾根道を下山しました。


竹宇駒ヶ岳神社
(1)
吊橋
(2)
千ヶ淵
(3)

鉄枠道(4)

渓谷(5)
旭滝付近(6) 渓谷(7)
渓谷(8)
鎖の道(9) 渓谷(10)
百合ヶ淵(11)

神蛇滝(12)

花の山百選「入笠山」&「入笠山湿原」スライドショー自動

入笠山(標高1,990m)は、南アルプスの最北端に位置し、眺望もよくお天気には東に八ヶ岳連邦、北から西には乗鞍岳や諏訪湖、白樺湖、が望めます。山頂下の駐車場から30分のトレッキングでした。幸いお天気も良く360度の眺望を楽しみながら、山頂でコーヒーを沸かしてのひと時でした。下山後は入笠山湿原を木道を歩きながら高山植物を眺めて来ました。


ペンシャン
(1)
フィオーレ小淵沢にて(2) 八ヶ岳連邦
(3)
山頂
(4)
山頂
(5)
蝶(6) 湿原(7) 湿原(8) 湿原(9) 湿原(10)
トンボ(11) 蝶(12) 湿原(13) 湿原(14) 湿原(15)
湿原(16)
湿原(17)
湿原(18)
蝶(19) 湿原(20)

信濃の秋

「安曇野」「国宝・松本城」「赤蕎麦の里」スライドショー自動

旧甲州街道を昔の景色を感じながらのドライブでした。実りの秋を感じ、稲穂や蕎麦が田舎の風景にマッチした快適なドライブでした。わき見運転をしないように、途中でわき道に駐車し、富士山や南アルプスの絶景を眺めての一日でした。白州ではシャトレーゼの工場見学&アイスクリームの試食をさせて頂きました。時期を外れていましたが、北杜市オオムラサキセンターに立ち寄りました。安曇野の大王わさび田、国宝・松本城、伊那谷では「赤蕎麦の里」に立ち寄り、カンテンパパ(伊那食品社)でカンテンの試食をさせて頂きました。名水を汲んで帰りました。


甲州街道
(1)
甲州街道
(2)
甲州街道
(3)
甲州街道
(4)
甲州街道夕日
(5)
大王わさび田
(6)
大王わさび田
(7)
あずみの公園
(8)
あずみの公園
(9)
国宝・松本城
(10)

国宝・松本城
(11)
赤蕎麦
(12)
赤蕎麦
(13)
赤蕎麦
(14)
赤蕎麦
(15)

戻る